母からの小包

小包

家の前でトラックの止まる音がして、玄関のチャイムがなった。
「はい!」
とドアに向かうと
「宅急便です」
という。
特に何か、ネットで注文した覚えもない。
ドアを開け、段ボール箱の送り主をみると懐かしい母の文字が並んでいた。
サインをして受け取ると、すぐに箱を開けてみた。

中からは切干大根だの珈琲だの野菜だのタオルだの果てはビールが6缶入っている。それに、赤い箱は私が子供のころ大好きだった「チョコチップクッキー」だ。

「あついネ、健ちゃんのご実家のお野菜、つめました。」
から始まる手書きの手紙が入っていた。

思えば20年近くも前、初めて就職した勤務地は八ヶ岳の山奥だった。
あの時も、車がなくて買い物に行かれない私にダンボールいっぱいお米だの化粧品だの、クリスマスにはお菓子の詰め合わせの靴下まで送ってくれたものだった。
初めての一人暮らしで仕事にも職場の人たちにもなかなかなじめない中、ふるさとを思わせる小包がいとおしくも苦かったことを思い出す。

野菜

送られてきた野菜たち。

見ていたら、母が好きだったさだまさしの「案山子」を思い出した。

♪元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る
手紙が無理なら電話でもいい お前の笑顔を待ちわびるおふくろに聞かせてやってくれ
都会で一人暮らしを始めた弟(妹?)を、雪景色の中にぽつんと立つ案山子になぞらえて兄の心境を綴った曲だ。

状況は違うけれど、実家のある藤沢を離れて半年あまり。
顔を会わせる機会もグッと減り、引っ越してはじめて届いた母からの小包。
こんなの、送料考えたら買ったほうが安いじゃん、そう思いながら涙が止まらなかった。
母親とはそういうものらしい。

じゃがいも

夫と私の似顔絵。

お礼の電話をかけると、「今から飲み会~♪♪」とのことですぐ切られてしまった。
携帯にこのじゃがいもの写真を送っておいた。

もうすぐ母の誕生日だ。
この写真でもプリントして、白樺でフォトフレームでも作って贈ろうか。

母からの小包

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ 人気ブログランキングへ

あなたの一押しがはげみになります☆⌒(*^-゜)v Thanks!

カテゴリー: cafe time, フォトアートセラピー   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

母からの小包 への10件のコメント

  1. ひろ より:

    元気なお母様ですね(^^;

    中身の選択が送った人の気持ちを表してますね。

    • sachiko より:

      こんばんは。
      はい、母は陽気で、元気ですね(^^;
      ほんと、中身の選択が母の人柄をもあらわしているようです。
      それがなんともうっとおしくも懐かしくてたまらないわけです。

  2. しげ より:

    こんばんは。
    すみません、来るのが遅れました(^_^;)
    お母さんの小包良いですね。
    母のありがたみは離れて暮らすとよくわかる。
    そんな気がします。
    僕は生まれてずっと母と一緒でしたが、仕事の関係で3年ほど離れて暮らしたことがありました。
    その時に紗知子さんと同じことを思いました。
    母は故郷と同じで遠くにいて思うものかもしれませんね。
    蒸し暑さが続きますのお身体ご自愛くださいね。

    • sachiko より:

      こんばんは!
      お越しいただいてありがとうございます。
      本当ですね、そばにいるとなにかとこうるさく感じるものですが、離れるとやっぱり有難みを感じますね。
      しげさんも同じようなご経験があるのですね(^^)
      いつも一緒に暮らす妹をうらやましく思わなくもないのですが、距離があることで得られるものもやっぱりあるのだと思います。
      東海地方は梅雨が明けたそうですね。
      写真を撮るときも夕方のお散歩も暑さに気をつけて、毎日元気にお過ごしください。

    • sachiko より:

      ありがとうございます。
      かわいいのは母でしょうか。私でしょうか。
      どちらにせよ、気恥ずかしいものですね(^^;

  3. よしの より:

    素敵な記事だな~って読んでたんですが、コメントを見ると「うっとおしくも」なんて言葉があって少し笑ってしまいました。

    親は気付かない内にどんどん年を取ってしまうんで、気をつけて下さいね!
    ‥何を気をつけるのかはよく分かりませんが(笑)。

    • sachiko より:

      よしのさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます(^^)

      そうですね、親心は本当にありがたいのですが、なにかどこか、素直になりきれない自分に自分でも苦笑。

      思えば、父がなくなってもう10年になろうとしています。
      ほんとうにうっかりしていると、親も自分も、兄弟も、みんな年をとっていたりしますね。
      と、同時に、年齢を重ねたお互いの心地よさも感じる今日この頃です。

  4. 桃ママ より:

    はじめまして・・
    マリチーズの桃を飼っておりまして桃ブログから孫ちゃんが出来最近は孫ちゃんのブログに
    乗っ取られそうな気配を感じています桃ママと申します
    ハンドメイドも好きで何度かこちらにお邪魔させて頂きました
    今日の日記に思わずコメをさせて頂きたく・・・
    なんとも優しいお母様そして、何ともステキなよしのさんですね
    いくつになっても母は母・・・
    素敵な親子関係が目に浮かびそうです
    リンク頂いて宜しいでしょうか・・

    • sachiko より:

      桃ママさん、こんにちは^^ はじめまして。
      コメントを頂き、どうもありがとうございます。
      母にとっては結婚しようがいくつになろうが、やっぱり娘は娘なんでしょうね。
      元気でいてくれることが何よりです。

      桃ちゃんやお孫さんのお写真、そして手作りのお庭の雑貨のお写真など拝見させていただきました。
      庭造り、楽しいですね^^
      リンクフリーなので、どうぞ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>