弘法山の夜の帝王

カブトムシ夜の里山。そこでは昼間は見られない虫たちの命の物語が綴られています。
毎晩何十匹となくセミが羽化し、コオロギやカマキリが脱皮を繰り返します。
懐中電灯一つで歩く夜の里山は何か見えない命のパワーに満ち満ちあふれているようで、圧倒されます。

そんな夜の弘法山の麓では、畑や栗林の間にクヌギが点在しています。
夏の里山のクヌギといえば・・・
そう、夜の帝王!?カブトムシを見ることが出来ます。

樹液の出ているところにはオレンジ色に目が光る蛾や巨大なカミキリムシに混じり、念願のカブトムシもいました!

メスもオスも夢中で樹液をなめています。
ちょっと持ち上げて手に持ってみたら、とても強い力で暴れられてしまい、思わず持っている手を緩め、すぐに樹に戻すことになりました。
首と胴体の付け根あたりを持ったのですが、足をばたつかせるので、それが痛くて捕まえていられなかったのです。

亡骸

一夏、夜の空を飛び、樹液の食事をし、子孫を残す。
そして、彼らは土に還っていくのです。
彼らの体は他の虫たちの餌となり、分解され、土となります。
その養分が森林を育て、虫や小鳥や動物や様々な命を育みます。

そこでは命が繋がり、命が命を育んでいます。
夜の里山を歩いていると、その神秘的な力に圧倒されつつ、また同時に自分もこうして命の中で生かされていることに気づかされ、大きな安堵に包まれます。

深い森の深い命の物語。
そこに触れた時、私の命もまた安らぎ、癒されるのです。

 

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ 人気ブログランキングへ
いつもぽちっとありがとうございます☆⌒(*^-゜)v

ハンドルとURLを残していただけましたら、後ほどお伺いいたします♪

カテゴリー: アトリエ周辺の風景   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

弘法山の夜の帝王 への6件のコメント

  1. ひろ より:

    カブトムシ最近見てないなと思ったら、ホームセンターに(^^;
    ちゃんと探せばいるんでしょけどね。

    この間繋がってる蝉みたけど、短い命を懸命に生きてるんだね。

    • sachiko より:

      ひろさん、こんばんは!
      コメントをありがとうございます^^

      この辺りの森は豊かで、一本の樹に何匹ものカブトムシやらクワガタやらいろいろな虫たちが集まってきています。
      蚊に刺されてボコボコになりながらも、ついまた見に行っちゃう(^^;

      今回のブログにはのせなかったけれど、カブトムシやクワガタも命の営みをしている姿を撮りました。
      ほんと、短い命を懸命に生きているんですね。

  2. しげ より:

    こんにちは。
    一気に涼しくなりましたね。
    あまりに涼しいので調子が狂いそうです。

    子供の頃、カブトムシに夢中になっていました。
    よく平塚の高麗山に行ったものです。
    大人になってから、何故あんなに夢中になったのかと考えてみました。
    紗知子さんのお話しを聞いていて、ああ、もしかするとそんなカブトムシが持つパワーを子供たちは感じているんだなと思いました。
    人気者、カブトムシ君の秘密を聞いたように思いました。

    来週はまた暑さが戻ってくるそうですね。
    お互いに体調に気をつけて過ごしましょうね!^^

    • sachiko より:

      しげさん、こんにちは!
      コメントを頂き、ありがとうございます。

      ほんとうですね、急に涼しくなりました!!
      このまま夏が終わっちゃうの!?と思いましたが、来週はまた暑さが戻ってくるのですね。
      今ひととき、晩夏を楽しみたいものです。

      家の父は大人になってもカブトムシが大好きでした。
      カブトムシを捕りにいって一番夢中になっていたのは父でした^^
      思えば、父はどこか子供心みたいなものを多分に持ち合わせていました。
      しげさんがおっしゃるようにカブトムシはなにか子供心を引きつけてやまないパワーがあるみたい。
      その血を私もひいているようです(^^;

      そうそう、秦野のレンタサイクルを調べました。
      残念ながら、ここにはそういうものはないようです(;;)
      あると便利なんですけどね。
      彼岸花はうちの近くの土手でも見られますし、その他いっぱい咲きそうなところを調べておきます。

      しばらく気温がかわりやすいようですが、しげさんも健康には気をつけて充実した日々をお過ごしください。
      また素敵な写真を楽しみにしています♪

  3. 放浪太郎 より:

    写真も、それを受ける言葉達も、とても素敵ですね。
    時々覗いていましたが、ちょっとコメント残したりなんかして。
    また遊びに来ます。

    • sachiko より:

      放浪太郎さん、こんばんは!
      コメントを残していただいて、どうもありがとうございます。
      秦野のカブトムシたち、いいでしょう。
      ここにいると、いろいろな虫たちに出会います。

      そうそう、ちょっとシーズンオフですが、10月に二回キャンプに行くことになりそうです。
      久々のキャンプです。
      放浪太郎さんのブログをみていて、キャンプ魂が震えました^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>